コンプライアンスオフィサーになるためには?資格の取得方法と難易度は?

昨今の相次ぐ企業の不祥事により、
消費者や顧客の目が厳しくなっています。

そのためコンプライアンス経営への意識や
取り組みなどは年々強化されています。

企業にはコンプライアンス体制を充実
させることが求められており、

そのためのアドバイザーやコンサルタント
が存在します。

それがコンプライアンス・オフィサー
と呼ばれる者たちです。

このコンプライアンス・オフィサー
呼ばれる者たちについて調べてみました。

認定コンプライアンス・オフィサーとコンプライアンス・アドバイザーの違い

compliance19

コンプライアンス・オフィサーとは別に
コンプライアンス・アドバイザー
言う肩書も存在します。

まず、コンプライアンス・オフィサー
ですが、企業や団体にコンプライアンス
についての幅広い知識や判断力を有する者
を指し

名乗るためには弁護士や会計士同様に
資格を必要とします。

資格に必要な条件として原則的には
企業の実務担当者を対象としており

・企業経営と企業倫理
・コーポレートガバナンスと内部統制
・企業法務・コンプライアンスの基礎

これらの知識を求められ、資格認定に
より企業内外での専門性の証明を図る
ことが特徴として挙げられます。

次に認定コンプライアンス・アドバイザー
資格とは何かを説明すると

「倫理コンプライアンス、内部統制、
リスクマネジメント等に不可欠な基礎知識
を身につけ、これらを実践できる優れた
ビジネスパーソンを認定する資格」

と言う記述がされています。

コンサルタントアドバイザーの資格の
特徴は以下になります。

1.全てのビジネスパーソン、個人事業主、
 これから社会に出る学生等を対象とする
 こと
2.コンプライアンス・内部統制・企業法務
 等に関する基本的な知識と適切な判断力を
 問うものとすること
3.資格認定により、企業内外に対して、
 コンプライアンス・内部統制等の基礎的
 な知識の習得を証明すること

要するにコンサルタントのエキスパート、
専門家と言うことですね。

資格の取得方法と難易度

compliance20

コンプライアンス・オフィサーと
コンプライアンスアドバイザーは
別々の資格が必要です。

もちろん認定されるためには試験を
受けないといけないわけですが、

どちらも条件を見ている限りでは
司法試験に比べると格段にハードルは
低いと感じました。

まずコンプライアンス・オフィサー
ですが、認定されるには以下の条件を
クリアする必要があります。

1.社会人経験が3年以上必要です
2.認定コンプライアンス・オフィサー試験
 3科目に合格していること

この1の試験は年に2回あり、以下の通りに
行われます。

Part1 企業経営と企業倫理
Part2 コーポレート・ガバナンスと内部統制
Part3 企業法務・コンプライアンスの基礎

1つの課題につき、7割以上の正解で
1つ合格となり、3つ合格手試験合格
になります。

この試験の特徴として、たとえ不合格
になっても3つのうちどれかをクリア
していれば次の試験まで持ち越せます。

1/3だった場合は残り2つを次回までに
クリアすれば試験合格となるのですが、

合格期限は2年となっており、それまでに
3つクリアすることが条件となっています。

次にコンプライアンス・アドバイザーに
認定される方法ですが3種類あります。

過去には認定コンプライアンス・
マネージャー資格と言うものもありましたが、
2011年1月17日をもって統合されました。

1.認定コンプライアンス・アドバイザー試験
 に合格していること
2.通信講座 コンプライアンス総合コース
 を所定の要件を満たして修了していること
3.通信講座 コンプライアンス基礎コース
 を所定の要件を満たして修了していること

コンプライアンス・オフィサーとの違いは
受験資格に制限がなく、試験は年に2回行われ
設問:60問、時間:90分の試験範囲が以下
になります。

1.コンプライアンスの基礎(20問)
2.コーポレート・ガバナンスと内部統制(20問)
3.企業法務の基礎(20問)

受験料はコンプライアンス・オフィサー
が1科目につき7.500円(税別)かかるのに
対しコンプライアンス・アドバイザーは
7500円(税別)で統一されています。

ただし、合格後も別途で手数料などが
発生します。

compliance21

コンプライアンス・オフィサー試験は
一括受験の場合に関しては割引が適用
されます。

コンプライアンス・アドバイザーは
資格制限もなく、通信講座でも資格取得
可能

送られてきた課題を期限内で提出し、
特典が75%以上なら認定コンプライアンス
・アドバイザー資格が授与されます。

それに対しコンプライアンス・オフィサー
はより高度な知識を必要とし、制限も
かかります。

しかし、司法などに比べるとそこまで高度
な知識を必要とせず比較的受けやすい試験
と言えるでしょう。

コンプライアンス研修とは?懸念されることとは?

コンプライアンスとは法令遵守のこと
であり、不正や法令違反を律するため
の言葉です。

何も企業だけに限らず、公務員にも
適用されている事柄です。

今回はコンプライアンスへの意識と
姿勢について調べてみました。

コンプライアンス研修とは

compliance16

最近は企業だけでなく公務員も
コンプライアンスへの取り組みに力を
入れていることが見受けられます。

企業のコンプライアンス違反がこれほど
多く取り沙汰されているのですから、
信頼回復と言う意味でも当然と言えます。

そこで多くの組織ではコンプライアンス
研修というものを実施しています。

具体的には、コンプライアンスの背景
とその本質を理解し、コンプライアンス
違反が起きやすい組織の特徴、原因など

取り掘り下げて理解を深めていくもので、
違反したものへの制裁などについて
考えていきます。

さらにはこのコンプライアンス研修の
最後に、現場に復帰してから留意すべき点
をまとめたチェック表を作成します。

業務に合わせた事例や取り組みを具体的
に検討するので、理論だけに留めない
実践的な研修になります。

compliance18

この研修終了後にレポートを提出する
のですが、実際に受講者が理解し、

自分の頭で考えた言葉で感想文を提出
します。

感想文と言うと読書感想文を連想する
人もいると思いますが、体験文と言った
ほうが的確かもしれません。

自分の意見が全く反映されていなかったり、
ただのコピペのような文章ではなく、
「自分の言葉」が大事なのです。

コンプライアンス研修で懸念されること

compliance17

感想文を苦手に感じる人はおそらく多い
のではないでしょうか?

最近では読書感想文から、果ては大学の
レポートまでネット検索でコピペする
ものもいるくらいです。

実際にネット検索で「コンプライアンス研修」
と入れると予測キーワードで「感想文」
と言う言葉がついてきます。

単にほかの人の感想文を参考にしたいだとか、
興味本位という人もいるかもしれませんが

中にはコピペ目的の人が居てもおかしく
はないでしょう。

実際にそのことを懸念している方もおり、
コピペなどをするくらいなら研修の意味が
ないと苦言を呈しています。

コンプライアンス教育やコンプライアンス
コンサルティングの立場からすれば、
これは見過ごせない状況なのでしょう。

こんな研修、いいのか?
=>http://www.cw2.jp/nakazawa/pc/archives/2015/05/index.html

研修はコンプライアンスに抵触しないため
に行うものであり、軽んじる者が順守できる
とは思えません。

認識を改めるだけで、増加傾向にある
コンプライアンス違反事例も抑えられる
はずなのです。

コンプライアンス違反事例について2015年度版

昨今の企業はコンプライアンスの取り組み
に注力していると言えます。

その理由はここ数年における
コンプライアンス違反事例が増加傾向に
あることが挙げられます。

2008年のリーマンショック以降、
コンプライアンス違反倒産企業が減少の
兆しを見せず、企業の信頼が揺らいで
いる状態ともいえます。

今回はコンプライアンス違反事例について
の具体的なお話をしようと思います。

2015年度のコンプライアンス違反事例

compliance13

日本が法令国家であるうちは法令に
従うと言うのは当たり前の話です。

そのためのコンプライアンス=法令遵守
の存在です。

しかしこのコンプライアンス違反事例は
年々増えている状況にあります。

それも世間に名の通った大企業が重大な
違反を行い、ニュースを騒がしている
ことも少なくありません。

そこでどのくらいのコンプライアンス違反
事例があったのかを帝国データバンクの
調査結果をもとに調べてみました。

その結果コンプライアンス違反倒産した
企業の数を挙げていきましょう。

2015年度のコンプライアンス違反倒産
した件数は289件になります。

これは前年の216件と比べたら前年比
3割増しで過去最多を記録しています。

2014年よりさらに2015年度の
コンプライアンス違反倒産した企業の数
増え続けているのが解ります。

コンプライアンス違反倒産企業の違反内容2015年度版

compliance14

2014年度に比べてコンプライアンス違反
倒産した企業はさらに更新しましたが、
違反内容の内訳はどうなっているの
でしょうか?

その時代ごとに社会情勢が反映された
ものが目立ちますが、順位ごとに違反内容
を挙げていきましょう。

以下は帝国データバンク調べによるものです。

コンプライアンス違反倒産した
企業全289件の内訳になります。

1位 粉飾 85件 前年度比 ▲2.3%
2位 業法違反 75件 19.0%
3位 資金使途不正 67件 340%
4位 不正受給 18件 6.2%
5位 偽装 7件 2.4%
6位 談合 5件 1.7%
7位 脱税 4件 ▲20.0%
8位 贈収賄 2件 0.7%
9位 過剰営業 1件 0.3%
9位 不法投棄 1件 0.3%
11位 その他 10件 ▲3.5%

粉飾が前年比より下がってはいますが、
それでも80件を超すなど今回も1位
となっています。

さらに目を引くのが資金使途不正
前年比340%でしょう。

ここ数年を賑わせていた偽装や不正受給
などを抑えてトップ3は圧倒的とも言える
件数です。

粉飾はは不正経理や循環取引、融通手形
などで決算数値をの改ざんなどニュース
でも騒がせた問題でした。

compliance15

一気に3倍増になった資金使途不正問題
不正な資金流出や詐欺行為を行っていた
企業が増加したことが原因です。

この過去最多の資金使途不正問題は
詐欺事件や不透明な資金流出などが
懸念されていた企業の倒産が相次ぎ

中小企業でも代表や役員による資金
使い込みのケースが多発したことが
爆発的に増えたことが起因しています。

今まで大なり小なりあったと思われる
資金の不正使用が、大きな詐欺事件
によって一気に明るみにされたことで
連鎖したと言えるでしょう。

コンプライアンス違反事例について2014年度版

景気が回復しつつあると言われている
日本経済ですが、企業が最も警戒するべき
問題があります。

コンプライアンスという言葉をご存知で
しょうか?

大企業の不正行為が取り沙汰されている
昨今、多くの企業がコンプライアンス問題
を抱えています。

今回のお話はコンプライアンスの違反事例2014
についてお話します。

2014年度のコンプライアンス違反事例

compliance10

コンプライアンスとは簡単に言うと法令遵守
のことで、企業における不正を許さない
標ぼうです。

近年の事例では粉飾決算や脱税などの
コンプライアンス違反がニュースを
賑わせていますよね。

一時期社会問題になった食肉偽装問題
コンプライアンスに反した事件でした。

今回のお話で取り扱うコンプライアンス
違反事例ですが、これは帝国データバンク
などによる調査に基づき

コンプライアンス違反が判明した企業の
倒産数とその事例を挙げていきます。

コンプライアンス違反の分類は意図的な
法令違反や社会規範、倫理に反する行為
などによるもので

2014年度の調査の結果、どれほどの企業が
コンプライアンス違反に抵触しているのか
を調べてみました。

compliance11

さて、調査結果ですが、2014年度の
コンプライアンス違反による倒産した
企業は219件にのぼりました。

前年度比から約4.8%も増加しており、
2010年度から数えて過去5年連続
前年度比増加をしており、過去最多を
更新し続けています。

この調査は2005年度より帝国データバンク
が行っているものです。

特にコンプライアンス違反で目立ったも
のは粉飾決算が前年度比のおよそ69.2%増
の88件となっており、同じく過去最多と
なっています。

これには複数の融通手形事件に伴った
連鎖倒産が影響したと思われています。

違反類型別コンプライアンス違反

compliance12

2014年度で最多のコンプライアンス違反
およびコンプライアンス違反倒産した
企業は219件に上りました。

それでは一体どのような違反が
挙げられるのかを調べてみました。

以下は帝国データバンク調べによるもの
です。

まず1位が前述の粉飾になりますが、
2位以下がこちらになります。

1位 粉飾 88件 前年度比 69.2%

2位 業法違反 63件 90.9%
3位 資金使途不正 15件 ▲31.8%
4位 不正受給 13件 ▲23.5%
5位 偽装 7件 16.7%
6位 脱税 5件 25.0%
6位 談合 5件 ▲28.6%
8位 過剰営業 1件
9位 その他 22件 ▲53.2%

前年度比を見ていると業法違反が圧倒的
に増えているのがわかります。

1位の粉飾に至っては2005年度以降では
最多の88件でリーマンショックの
2008年度の44件と比べてちょうど
2倍になっています。

この背景には融通手形による不透明で
明確ではない資金操作が行われていた
事件が複数県発覚したためで

それぞれ5社前後のコンプライアンス
違反倒産が連鎖したことが挙げられて
います。

コンプライアンスオフィサーとは?試験概要は?

皆さんはコンプライアンスと言うものを
ご存知でしょうか?

簡単に説明すると、企業や会社で法に
触れないように定めること、法令遵守
のことを指します。

コンプライアンスを定める、
コンプライアンス体制を整えるなど
サラリーマンの言葉として耳にする
機会も多いでしょう。

なぜこのような言葉が最近は特に耳に
するのか気になったことはありませんか?

それはやはり企業ぐるみの不正行為
違反などが目立つようになってきた
からでしょう。

今回はそんなコンプライアンスに
関わるお話を紹介します。

法令を遵守するもの「コンプライアンスオフィサー」

compliance07

法令遵守=コンプライアンスはただ定める
だけでは確実に不正行為を守れるとは
限りません。

実際に法律を定めている世界各国で犯罪が
無くなっているわけではありませんよね?

ではこのコンプライアンスをより確実に
するものは何なのか、コンプライアンス
オフィサーと言う存在があるわけです。

初めて聞く人もいるかもしれない
コンプライアンスオフィサーと言う名称。

企業や会社における法令遵守責任者の意味で、
誰でもなれるわけではありません。

日本コンプライアンス・オフィサー協会
言うものが存在し、その協会が主催する
資格を取得しなければいけません。

弁護士や会計士などの資格と同様に誰でも
名乗れるわけではないのです。

企業が法律違反や反倫理的な行為をし、
その存続が危部まれないための
コンプライアンスオフィサーなのです。

いわば企業内のおまわりさんみたいな
コンプライアンスに目を光らせる存在です。

コンプライアンスオフィサーになるにはどうすれば良いのか

compliance08

コンプライアンスオフィサーになるため
には資格を取らなくてはいけませんので、
当然試験を受けて合格する必要があります。

資格を取るには認定コンプライアンス・
オフィサー試験と言うものがあるので、
まずこれに合格することを目指します。

それでは認定コンプライアンス・
オフィサー試験について解説します。

難易度ですが、国家試験のような難しい
ものではなく、比較的やさしい
言われています。

法令の専門家としての幅広い知識を必要
とするため、相応の努力はもちろん必要
となります。

まず、試験は3科目あり、その全てに
合格する必要があります。

3科目につき、科目毎に択一式30問+
記述式6問前後の試験が行われ、

科目合格の有効期間である合格発表時
から2年間の間に3科目合格する必要が
あります。

つまり2年以内に3科目合格すれば良い
ので、1科目だけ合格した場合は2年以内
に2科目を合格させれば良いと言う
わけです。

認定コンプライアンス・オフィサー試験概要

compliance09

受験資格に特に制限はなく、社会人経験が
3年以上あれば誰でも試験を受けれると
言うのもコンプライアンス・オフィサー
認定試験の特徴です。

この認定試験はネット申し込みも可能で、
科目合格の有効期限の2年間の間に3科目
すべて合格すれば晴れてコンプライアンス
オフィサーを名乗れます。

試験内容については受験案内のリンクを
張っておきますので、良ければ参考に
してみてください。

受験案内(認定コンプライアンス・オフィサー)
=>http://www.ocod.or.jp/juken_cco.html

社会人経験としての実務経験が3年以上
とありますが、この経験がコンプライアンス
関連でなくても構わないということなので

どんな職業でも実務経験が3年以上あれば
OKと言うことですね。

受験案内の書き方だとアルバイトの方でも
3年以上続けていれば一応資格は満たして
いることにはなると思いますが、
一応問い合わせて確認すると良いでしょう。

合格基準は満点中70%の得点率で合格と
なりますが、各回の難易度や受験者の数で
変動すると考えたほうが良いでしょう。

願書の受け付けは2回に分けて4月上旬~
6月中旬頃までと8月下旬~11月中旬頃までの
年に2回あり

試験日程が7月中旬頃と12月中旬頃の年2回
になります。

つまり合格までに4回チャンスがあると言う
ことなので、それまでに3科目合格すれば
コンプライアンスオフィサー認定となる
わけです。