コンプライアンスオフィサーとは?試験概要は?

皆さんはコンプライアンスと言うものを
ご存知でしょうか?

簡単に説明すると、企業や会社で法に
触れないように定めること、法令遵守
のことを指します。

コンプライアンスを定める、
コンプライアンス体制を整えるなど
サラリーマンの言葉として耳にする
機会も多いでしょう。

なぜこのような言葉が最近は特に耳に
するのか気になったことはありませんか?

それはやはり企業ぐるみの不正行為
違反などが目立つようになってきた
からでしょう。

今回はそんなコンプライアンスに
関わるお話を紹介します。

法令を遵守するもの「コンプライアンスオフィサー」

compliance07

法令遵守=コンプライアンスはただ定める
だけでは確実に不正行為を守れるとは
限りません。

実際に法律を定めている世界各国で犯罪が
無くなっているわけではありませんよね?

ではこのコンプライアンスをより確実に
するものは何なのか、コンプライアンス
オフィサーと言う存在があるわけです。

初めて聞く人もいるかもしれない
コンプライアンスオフィサーと言う名称。

企業や会社における法令遵守責任者の意味で、
誰でもなれるわけではありません。

日本コンプライアンス・オフィサー協会
言うものが存在し、その協会が主催する
資格を取得しなければいけません。

弁護士や会計士などの資格と同様に誰でも
名乗れるわけではないのです。

企業が法律違反や反倫理的な行為をし、
その存続が危部まれないための
コンプライアンスオフィサーなのです。

いわば企業内のおまわりさんみたいな
コンプライアンスに目を光らせる存在です。

コンプライアンスオフィサーになるにはどうすれば良いのか

compliance08

コンプライアンスオフィサーになるため
には資格を取らなくてはいけませんので、
当然試験を受けて合格する必要があります。

資格を取るには認定コンプライアンス・
オフィサー試験と言うものがあるので、
まずこれに合格することを目指します。

それでは認定コンプライアンス・
オフィサー試験について解説します。

難易度ですが、国家試験のような難しい
ものではなく、比較的やさしい
言われています。

法令の専門家としての幅広い知識を必要
とするため、相応の努力はもちろん必要
となります。

まず、試験は3科目あり、その全てに
合格する必要があります。

3科目につき、科目毎に択一式30問+
記述式6問前後の試験が行われ、

科目合格の有効期間である合格発表時
から2年間の間に3科目合格する必要が
あります。

つまり2年以内に3科目合格すれば良い
ので、1科目だけ合格した場合は2年以内
に2科目を合格させれば良いと言う
わけです。

認定コンプライアンス・オフィサー試験概要

compliance09

受験資格に特に制限はなく、社会人経験が
3年以上あれば誰でも試験を受けれると
言うのもコンプライアンス・オフィサー
認定試験の特徴です。

この認定試験はネット申し込みも可能で、
科目合格の有効期限の2年間の間に3科目
すべて合格すれば晴れてコンプライアンス
オフィサーを名乗れます。

試験内容については受験案内のリンクを
張っておきますので、良ければ参考に
してみてください。

受験案内(認定コンプライアンス・オフィサー)
=>http://www.ocod.or.jp/juken_cco.html

社会人経験としての実務経験が3年以上
とありますが、この経験がコンプライアンス
関連でなくても構わないということなので

どんな職業でも実務経験が3年以上あれば
OKと言うことですね。

受験案内の書き方だとアルバイトの方でも
3年以上続けていれば一応資格は満たして
いることにはなると思いますが、
一応問い合わせて確認すると良いでしょう。

合格基準は満点中70%の得点率で合格と
なりますが、各回の難易度や受験者の数で
変動すると考えたほうが良いでしょう。

願書の受け付けは2回に分けて4月上旬~
6月中旬頃までと8月下旬~11月中旬頃までの
年に2回あり

試験日程が7月中旬頃と12月中旬頃の年2回
になります。

つまり合格までに4回チャンスがあると言う
ことなので、それまでに3科目合格すれば
コンプライアンスオフィサー認定となる
わけです。

コンプライアンス違反とは?違反を犯した企業の末路は悲惨?

産地偽装をはじめ、企業ぐるみでの不正行為
でニュースを賑わせた時期がありました。

これら不正行為は明らかな
「コンプライアンス違反」として
取り扱われます。

コンプライアンスと言う言葉は知って
いるけど、意味はいまいち解らない
という人も多いことでしょう。

近年の企業ぐるみの不正行為が増えつつ
あるからこそ

「コンプライアンス体制をしっかりと定める」
なんて言葉も社会人の声として耳にします。

今回はコンプライアンスについて解説
しようと思います。

コンプライアンス違反とはどういうものか

compliance04

コンプライアンスとは企業などが法令や
規則をまもること、つまり法令遵守
指します。

コンプライアンスの強化だとか、
コンプライアンス体制を整えると
言った言葉を耳にしたことがある人も
いるでしょう。

簡単に言うと悪いこと、違法行為を
働かないと言う意味です。

法を守ることは当たり前ですが、
その当たり前のことをできない人が
多いのも残念ながら事実です。

社会問題になった食肉偽装問題
期限切れの商品をラベルを張り替え
再利用した話など一時期よく耳に
しましたよね?

これらは大規模なコンプライアンス違反
としてニュースで大きく報道されました。

compliance05

偽装問題が大きく取沙汰されましたが、
情報漏えいなども不正行為として
よくある話です。

ある企業の社員が顧客情報を業者に
流したと言う話を聞いたことは
ありませんか?

ヤフーニュースでもトップを飾った
ことがある大量の顧客情報の漏えい事件。

その企業の数十万単位の顧客情報が
外に流れてしまったのです。

会員情報などの住所氏名電話番号など
からクレジット番号など様々な個人情報
が他人の手に渡ってしまったのです。

小遣い稼ぎで業者に流したというのは
明らかな不正行為ですが、

誤って流れてしまったというのも
当然管理不行き届きと言うことで
コンプライアンス違反に当たります。

これら法に触れる行為は当然として、
守秘義務や誠実さにかける行為など
信用に直結するものは全て
コンプライアンスに抵触するものです。

コンプライアンス違反を犯した企業のその後

compliance06

コンプライアンス体制が整っていない
企業の末路は悲惨なものです。

そもそも法令遵守と言う人として当然
の行為を守れないのですから、お察し
と言う他ないでしょう。

一度信頼を失った企業は回復させる
のは至難と言えます。

どこの企業も信用を失わないように
コンプライアンス体制を明確にし、
顧客を離さないように思案しています。

しかし、一度ならず二度までも同じ
ことを繰り返してしまう残念な企業も
存在するのも事実です。

これら不正行為を行った企業はどのような
道をたどるのかを調べてみました。

大半の企業がそのまま信用を回復する
ことなく経営破たんを起こしてしまい、
倒産と言う末路をたどっていました。

帝国データバンク、東京商工リサーチの
2社の調べでは2015年度のコンプライアンス
違反倒産は289件であることが判明しました。

前年度と比べて3割増で過去最多を
更新したことも解りました。

偽装問題だけではなく上場企業の不適切会計
もやはり多くの事例として扱われていました。

年度ごとに見てみると徐々に更新ペースが
上がっており、景気回復の話を聞く陰で
このようなことが増えているというのも
複雑です。

やはり一度罪を犯した企業はその後
立て直すのが難しいというのが解ります。

コンプライアンスの取り組みはとても
重要なことだと、当然のことながら
思い知らされました。

コンプライアンスの意味は?偽装問題がきっかけ?

新社会人にとって会社内で初めて聞く言葉
も多いと思います。

その一つにコンプライアンスという言葉
もあるでしょう。

先輩社会人の口からは当たり前のように
出てくるこの言葉ですが、一体どういう
意味なのか?

いきなり言われて首をかしげることって
ありませんか?

聞いくのも恥ずかしいし、解らないまま
にしておくのもなんだかもやもや
してしまう・・・

そんな人のために今回は
コンプライアンスについてご説明します。

コンプライアンスの意味

compliance01

コンプライアンスとは英語で「compliance」
と書き、意味は「命令、要求に従うこと」です。

日本で一般的に使われる意味では「法令遵守」、
「秘匿」などで使われます。

つまり、ルールや義務を守ってねと言うこと
ですね。

企業HPでも
「わが社のコンプライアンスうんぬん...」
なんて文章がよく書かれていることが
ありますが

「ビジネスコンプライアンス」
とも呼ばれます。

もっと解りやすく言うと
「悪いことをするな」ってことですね。

会社的に悪いことと言えば、よく大企業の
不祥事とかがニュースで取り沙汰される
ことがありますよね?

「情報漏えい」、「横領」などの不正行為
ですね。

もっと詳しく説明すると長くなって
しまいますが、シンプルに理解するなら
コンプライアンス=不正行為と言う認識
で問題ないでしょう。

コンプライアンス違反による社会問題

compliance02

最近になってよく耳にする機会も増えて
いるコンプライアンスと言う言葉ですが、
何がきっかけだと思いますか?

昔からコンプライアンス違反、つまり
不正行為を働く人間は少なからず存在
しました。

思いつくところでは「偽装問題」などが
挙げられるでしょう。

皆さんもニュースで聞いたことがある
はずの「産地偽装」、「賞味期限偽装」、
「食品の使いまわし」など。

これらは一時期テレビや新聞を賑わせた
会社ぐるみの不正行為です。

会社の出費を抑えるため、浮いた経費を
懐に収めるためなど様々な理由で行われた
これらの不正行為。

個人の不正行為だけでなく、会社ぐるみ
行っていた企業が思った以上に多かった
のは衝撃的でした。

compliance03

これらの不正行為は例え一個人の愚行
だったとしても、企業の名前が公に
なってしまったらイメージダウンは
免れません。

企業が信用を失ってしまえば当然顧客は
離れて行ってしまいます。

その結果経営が困難になり、経営破綻
起こしてしまった企業も少なくありません。

そうならないために企業側は不正行為を
未然に防ぐために、企業側がコンプライアンス
を定めて社員をどう教育するか、
どう取り組むかを決めるわけです。

企業側はブランドイメージを守るためにも
コンプライアンスをしっかりと定めて
おかないといけないのです。

もどかしいの類語は?違いがある?使い分けは?

もどかしいは、じれったい、はがゆい、
いらだたしい、など似たような類語があります。

また、日本語独特の曖昧さから違いや使い分けに
困ることもあると思います。

このもどかしいの類語の違いと使い分けについて
書かせていただきます。

ソフトな「もどかしい」とハードな「じれったい」

modoka07

私は気が短く、すぐいら立つ性格のために、
「もどかしい」という感情をしょっちゅう抱いています。

今回の茨城集中豪雨のニュースを見ていても、
そうでした。

鬼怒川の氾濫によって、家の屋根などに避難した人たち。

自衛隊の救助ヘリが上空にいながら、なかなか救助を
待つ人に近づけなかったあの映像は、
まさに「もどかしいシーン」と言っていいでしょう。

ただし、もどかしいという言葉にはどこかソフトな
印象があって、感情的にはまだ少し余裕があるような
気がします。

これが、もっと強い感情になると「じれったい」
という言葉のほうが似つかわしいように、
私は感じるのです。

例えば、瓶のふたがあかないとか、慌てているときに
鍵が開かないといったシーンでは、
「もどかしい」より「じれったい」のほうが、
より適切な表現だと思うのです。

「もどかしい」の類語の使い分け

modoka06

「もどかしい」という言葉は
「思うようにならずにイライラする状態」
を意味する言葉です。

このような意味を持つ言葉は、
他にも「じれったい」「歯がゆい」「まだるっこい」
などの言葉があります。

では、これらの言葉はどのように使い分ければ
良いのでしょうか。

使い分けのポイントは思うようにならない理由
にあります。

「もどかしい」「急いでいるのに時間がかかりそう」
という理由で、イライラする状態を示します。

一方で、
「じれったい」「自分の思うように物事が進まないため」
「歯がゆい」「他人のすることが上手くいかないため」
「まだるっこい」「他人の動作があまりに遅いため」
という理由の違いがあります。

このようにイライラする理由を考えることで、
「もどかしい」の類語は使い分けることが可能になります。

ぜひ参考にしてみて下さい。

もどかしいは曖昧な言葉?類語は?5つの用例を紹介!

「もどかしい」と言う言葉は、曖昧な表現で
似たような類語があります。

じれったい、はがゆい、いらだたしい、などです。

また、その曖昧さからどの様に使用するのか
分からなくなることもあります。

イライラする時や困った時に使うとも言えず、
何とも不可思議な言葉で分かりにくいですね。

このもどかしいの類語と用例について
書かせていただきます。

「もどかしい」の類語について

modoka02

「もどかしい」には、他にいろいろと類似の表現が出来ます。

例えば、「歯がゆい」ですが、これはよく使いますね。

もどかしいとの違いは、もどかしいがネガティブな
場面だけでなくポジティブな場面でも使えるのに対して、
歯がゆいは、おおむねネガティブな表現に傾いている
ところです。

また「苛立たしい」という表現も類似語になりますが、
これも歯がゆい同様、ネガティブに使うのが概ね
多いです。

そういうことで、「もどかしい」の身もだえする
ような感覚を完全に表現するような類似語はない
と言えるでしょう。

もどかしいの用例について

modoka04

「もどかしい」とは、思うようにいかないために
イライラする状態の事ですが、用例として以下の
ようなものがあります。

・「この思いをうまく伝えられなくてなんとも
もどかしい」

・「子供がのろのろと準備しているのを見ると
もどかしくなってくる」

・「早く続きを読みたくて、ページをめくるのも
もどかしく感じられる」

・「中々電車がやってこないものだから、
もどかしくなってタクシーにすることにした」

・「彼女は僕の様子をもどかしげに見ていた」

などなどです。