うつ病、身近な例と症状、対処、治療

うつ病、と最近聞く機会が多くなりました。

私がそういう年齢になったからかもしれません。

身近な人間から知人の家族まで数名います。

うつ病とは、心の病であり、その原因は個人により様々です。

一概にうつ病といっても症状も個人差があり、
うつ病の中でも多くの分類があるようです。

身近なうつ病

utsu02

父がうつになりました。年初めのことです。

直接的な原因は祖母の他界だったのではないかと思います。

数年前に母を亡くしたとき、父はうつ状態になりましたが、
周囲のフォロー、主に同居を選択した妹のフォローで
持ちこたえました。

当時は近隣県に住んでいた私も乳児2人を抱え、
よく実家に顔を出したことも
大きいのではないかと思います。

そして妹の離婚、母方の祖母の他界、父の実母の他界。

喪失感からではないかと思います。

他にも色々とあるでしょうが、
そういうものが積もり積もって
心が耐えられなくなるのではないでしょうか。

彼は珍しく自分から病院へ行きました。

なぜなら1歳になったばかりの私の甥に、
投げたタオルが当たったようなのです。

激昂のまま投げた物が孫を傷つけたかもしれない、
そういう思いが彼を病院に行かせたらしいですが、
一般的にうつ病の人は自分から病院には
行きたがらないようです。

うつ病の症状

utsu01

うつ病は、眠れず、食欲が落ち、気分が一日中落ち込んでいる、
死にたいなどが続くとうつ病である可能性があるようですが、
うつ病とともに、他の精神障害を併発することも多いです。

私が身近で聞いた話でも、夜眠れない睡眠障害
動機、めまいなどを引き起こすパニック障害、

ある場所や出来事などが引き金になり、
不安やイライラで行動を抑制できなくなる
不安障害などあるようです。

父は不安障害うつ睡眠障害を同時に併発しましたし、
伯母はパニック障害になりました。

どちらもで落ち着き、
今はだいぶ改善したようです。

うつ病は早いと3ヶ月くらいで
薬の効能が出てくるらしいです。

うつ病への対処

utsu03

家族がうつ病になった場合、
同居の家族もうつ病になるくらい辛いようです。

私は遠方で父に直接対処したわけではないですが、
同居の妹からは怒られ、恨まれ、
現在は連絡も取ってくれなくなりました。

それほど大変だったようです。

今は日々父と電話する毎日ですが、
日によって声の調子が違い、話をするのも緊張しますが、
私の電話が少しでも気分転換になればと思います。

私のうちに旅行がてら来るよう勧めたのですが、
あまり環境の変化も良くないらしく、
父自身も来たがりません。

悪化するのが怖いのかもしれません。

父は自分のうつと対峙しようと努力していますが、
それは周囲がうつを否定しなかったことも
大きいと思います。

怠けているなどと思わずに、うつ病への理解を深めることが
うつ病患者の気持ちを少しでも慮ることが出来、
うつ病の治療への近道ではないかと思います。

病気

バンコクおすすめの観光は?お土産は?

バンコクはタイ王国の首都です。

仏教で比較的親日であるため、
日本からの観光旅行者も多いです。

かく言う私も2度ほど訪れたことがあります。

もう数年も前のことですが。

色鮮やかな独特の色使い、スパイスの香り、
街は高級ブランド店からお手軽でもお洒落な
屋台まで立ち並ぶ大変魅力的な街です。

バンコクの観光

bangkok03

バンコクは観光名所も多くあります。

寺院も観光できますが、日本の寺院とは全く違い、
そのきらびやかさに圧倒されます。

私が訪れたのは、ワット・ポー

巨大な金の涅槃像があるとても大きな寺院です。

その涅槃像の大きさたるや、家屋よりも大きいです。

おなじポーズで写真を撮る観光客も多く見られます。

供物も大変美しく
花や果物が美しい色合いで奉納してあります。

とても興味深い場所です。

bangkok04

また、エメラルド寺院も有名な場所です。

寺院自体が露出の多い服やスリッパなどは
いけないということです。

建造物の瓦の色使いがそれは美しく、
印象深いです。

バンコクの水上マーケット

bangkok08

水上マーケットは大変面白い場所です。

川に船を並べて果物など売っている光景は
一見の価値ありです。

ココナッツをストローで飲みながら果物をつまみ、
風景を楽しむのも涼しく休暇を満喫している
気分になります。

帰りのバスでドリアンを買って
ホテルに入れない日本人の妙齢のご婦人も
いましたので、マナーには気をつけたいところです。

バンコクのリゾート

bangkok01

郊外にはパタヤビーチがあります。

ここは2度目の旅行でいきましたが、
最高のビーチです。

青い海、白い砂浜。

仕事の疲れを癒すにはもってこいです。

シーズンオフだとホテルも割安です。

ビーチで昼寝、ビールを飲んでまた昼寝。
最高です。

またホテルの朝ごはんも大変美味しく、
果物は新鮮ですし、
ディナーの海鮮最高に美味しいです。

バケーションを楽しむ各国の観光客との
たわいない会話もまた楽しいものです。

バンコクのお土産

bangkok06

タイはシルクも有名です。

ジム・トンプソンという
タイシルクブランドがあり、とても美しいです。

=>ジム・トンプソンを楽天で探してみる

やはりなかなかお値段もありますし、
数が必要だということになると、女性なら、
リボンバッグのナラヤも有名です。

こちらはかなりリーズナブルなのに色や形も豊富、
可愛らしいのでたくさんお土産が必要な時など
最適だと思います。

他にも屋台などで、可愛らしい石鹸や陶磁器
ありますので、お土産選びもとても楽しいです。

日本からもそう遠くないので、ちょっとお休みをとって、
すぐに行けるのも魅力です。

私も子供がもう少し大きくなったら、
また行きたいなぁ。と思っています。

観光

地震について関東の地震の多さ、地震にあったら

震災

地震、あの甚大で痛ましい被害をもたらした
東日本大震災についてはまだ記憶に新しいですね。

jisin05

あの地震をTVで見た夜、3子を妊娠していた私は、
2歳にならない双子を抱えて、
夜中も数日眠れない日を過ごしました。

太平洋側でしたので、津波が来たら・・・
と考えて怖くてたまりませんでした。

東日本にいらした方々のそのストレスや
被害に遭われた方の悲しみは

私などが語るもおこがましいのですが、
亡くなられた方に
心からご冥福をお祈り申し上げます。

阪神での地震

jisin03

私は南九州で育ちましたので、
大きな地震は経験がありません。

数年に1度、震度1がぐらっとするくらいで、
地震よりは桜島の爆発の振動の方が
ずっと大きいものでした。

それでも全く大したことはありませんが。

避難訓練なども学校でしましたが、
実際地震自体をよく知らないので、
身近ではありませんでした。

それから東日本の震災を見たあと、
私は兵庫に転勤したのです。

兵庫といえば、1995年の阪神淡路大震災

あれは近畿に親戚もいたので、
母や祖父母が慌ただしく
電話などしているのを見ていました。

その阪神で、人生で初めて、
震度4を経験したのです。

朝方でした。怖かったです。

寝ていた私は飛び起き(よく起きたと自分でも驚きますが)
子供を確認してじっと待ちました。

寝室で物がないこともあり、
すぐにどうこうということは考えませんでした。

あれは怖かったですが、
今現在いる関東の地震に比べたら
対した頻度ではなかったです。

関東の地震

jisin01

関東の地震の多さは、速報等で見ておりましたが、
実際自分が経験するとは思いませんでした。

今年4月から関東に来たのですが、
4月だけで2回経験しました。

近畿では3回でしたが、
一ヶ月も経たないうちにもう記録更新しそうです。

南九州で経験した回数をきっと軽く超えるでしょう。

東日本震災のあと、宮崎で子育てしていた私は、
東京の受験も諦め土地も家も売り払って
宮崎に移住してきたという奥さんと会いましたが、
気持ちは分かるな、と思います。

実際大きな地震があったら
私は子供を守りきれるか心配です。

実際、今回の転勤もだいぶ揉めたのですが、
今回は様子見ということで関東にやってきました。

子供たちが怖がっているので可哀想に思いますが、
日本にいれば合わないことは無いのであとはでしょうか。

地震にあったら

jisin04

携帯で地震速報アプリを取ってみようと
試みているのですが、ちょっとわかりにくく、
未だ出来ていない状態です。

兵庫では速報が鳴らなかったので、
あまり信用していませんが。

地震が来たら、うちは集合住宅なので
火に気をつけるのが一番だと思っています。

jisin02

火の手が見えたらすぐに脱出しなくてはならないと
子供にも教えていますし、
私が動けない場合のことも一応は指示していますが
どこまで動けるか。

水や食料も一応気をつけていますが、
慣れない非常時の用意は難しいです。

やはり何事もないのが一番なのですが。

地震が来るたびに九州に帰りたくなるのですが、
九州でも過去には大きい地震もありましたので、
どこにいても安全というわけではないなと思っています。

杞憂で住めばいいのですが。

生活

生活保護不正受給者、生活保護の問題点と私が思うこと

生活保護とは、厚生労働省のサイトによると、

生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としています。

と謳っています。

seikatu03

これは生活保護法第一条によるもので、
日本国憲法第二十五条

「すべて国民は、健康で文化的な
最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、
社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び
増進に努めなければならない。」

の理念に基づく制度です。

生活保護の問題

seikatu04

先だっても、芸能人で色々と問題になった生活保護ですが、
私も数年前に生活保護を受給されている方を

相手にお仕事をされたというとある企業の方と
お話する機会がありました。

その方によると、生活保護を受給されていると
聞いていたので、公営の住宅へお邪魔すると、
自分の家よりも豪奢な家具が多くあったと言う話でした。

seikatu05

話してくれた彼は家電好きな独身男性でしたが、
何型であろう大型TV、最新の掃除機ドラム式洗濯機
当時高価だったブルーレイ、など目を見張るものだった
と言うことでした。

どうしたら、あんな生活できるんだろうとしきりに
不思議がっていたのを思い出します。

こういう方ばかりでないのは十分に分かっていますが、
こういう例が多くあるから、問題になるのではと思います。

生活保護を受けない選択

seikatu02

そんな話を聞いて、生活保護自体にあまりいい印象を
持っていなかった私ですが、それからまた数年して、
親戚の会社の従業員の女性の話を聞く機会がありました。

その女性はシングルマザー、いつからか分かりませんが、
子供が小さい時からだったと聞きました。

お子さんは3人、一番下のお子さんは高校生でした。

とても生活は豊かではないそうですが、
上のお子さんたちは学校で資格を取って巣立ち、
下のお子さんもアルバイトをして家計を助け、
衣服などは頂き物で成長したということです。

勉強に必要だということで親戚の会社から
古いPCをもらって、大変しっかりとお礼
言いに来たという良く出来た息子さんだと聞きました。

叔母が、生活保護を受ける選択はしないのかと聞くと、
受けていた時期もあったけれど、ご迷惑をかけられないから、
働けるようになったので受給をやめたという話でした。

生活保護への意見

seikatu01

生活保護は、受ける権利があります。恥ではない。

でもそれは自分の稼ぎではなく、やはり国から
援助されているものだという認識が大事だと思います。

病気や事情で働けない方は行使すべき権利。

でもそれが一部の誤った使い方によって糾弾されるのは、
間違っているのではと思います。

生活保護を受け続けないという選択も出来る。

本当に困ったときに受けて、状況を脱したらまた働く、
そういう方もいるのですよね。

不正受給など問題点ばかり見ていると、
大事なものを見落とすような気がしてなりません。

自閉症について「光とともに」での特徴

自閉症という漢字の持つイメージから、
重度のうつ病のようなイメージを
なんとなく持っていました。

でもそれは違うのです。

自閉症とは脳の機能障害であり、
心の問題成長過程の問題では全くないということが、
最近少しづつ広まりつつあります。

自閉症についての漫画「光とともに」

私が自閉症について、正しく知ったのは、
戸田けい子作の「光とともに・・・自閉症児を抱えて」
という漫画を読んでからです。

暇つぶしに手にとったのですが大変興味深いものでした。

後から知ったのですが、
篠原涼子でドラマにもなっているのですね。

鈴木杏樹や井川遥も出ているなかなか豪華な顔ぶれです。

漫画の主人公は、自閉症の男の子とそのお母さんでした。

自閉症について素人ながら理解しやすい内容でした。

途中で作者が亡くなられたようで、
中学校まで書かれていますが、
その後彼がどう成長したのかもっと読みたくなるものでした。

自閉症の方への理解

jihei04

漫画によると、主人公の光は何もない場面で
「ほう」とか「きいきい」とか
CMの言葉を延々と話しています。

「今年のエアコンはなんとかが違う・・・」
などとTVで言っているものをそのまま口に出す感じです。

私はこういう方を高校の帰りに
よく見かけたのを思い出しました。

成人の男性で、おそらく天気予報でしょうか、
バス停で延々と下を向いて
暗唱しているような印象を受けました。

ラジオのイヤホンを耳にしていましたから、
聞いていることを口にしているのかと思いました。

その頃は自閉症という言葉の意味は知りもせず、
ただ知的障害の方だと思っていました。

でもイヤホンにも意味があることを漫画で知りました。

自閉症の方は音に敏感な方が多く、
生活の雑音がとても不快な音に聞こえるそうです。

今は生活音だけを遮断するイヤマフも売っているそうです。

jihei04

あと単に知的障害と位置づけるのも間違っていて、
芸術や数字に天才的な才能を発揮する方もいるそうです。

他にも、知的な障害が伴わない自閉症の方もいらっしゃり、
本を書いていたりするので、
まだまだ分からないことだらけの脳の機能障害
だということも納得です。

高校時代は分からないことへの恐怖感がありましたが、
障害を知った今、先日も自転車で声を上げながら通る方と
会いましたが、怖くもなく自閉症かな、
と思うくらいで過ごしています。

自閉症児のお母さん

jihei01

漫画にも育児の苦労話が多くありました。

実際の自閉症児を育てているお母さんは
本当に大変なことだと思います。

全く次元が違うので比べられないとは思いますが、
双子を1人で育てた私には、

子供に手がかかって育児話に参加できない、話が合わない、
最悪な場合は「可哀想」とまで言われたりしたので、

他者と違う育児への周囲の反応に
泣くこともある気持ちは分かります。

jihei02

正しい知識を持って、
自閉症児と会う機会などあるかもしれませんから、
やみくもに先入観を持たないようにしたいですね。

病気