ユニセフとは?活動は?

日本は比較的平和な国ですが、海外では現在も戦争や内乱、貧困、
病気、教育の欠如により、厳しい状況にある子供たちが大勢います。

そこで、そんな子供たちの命と健康を守る国連機関、
ユニセフについて調べてみました。

ユニセフとは?

yuni06

ユニセフ(UNICE)とは United Nations Children’s Fund の略称で
正式には国際連合児童基金といいます。

国や保護者の努力だけでは子供たちを守りきれないとき
代わって子供たちの生命と健康を守るため活動する国連機関
ユニセフなのです。

ユニセフの活動

広い世界を見れば、強制労働を強いられ賃金を搾取されたり、
人身売買、性的虐待や暴力、兵士として戦場へ徴兵など、
劣悪な状態で犠牲になっている子どもたちがたくさんいます。

そんな子どもたちを救出し、保護する以外に、
ユニセフはどんな活動を行っているのでしょうか?

教育の普及

yuni08

現状を変え、自立するためには基礎となる学力が大切です。

教育の大切さを伝えるとともに、学校建設や教材の提供、
通学が可能な環境づくりや教師の育成を同時に行っています。

乳幼児の命と成長を守る

yuni09

ワクチンの早期接種で助かる幼い命が大勢あります。

しかし、わずかなワクチン代も出せない貧しい国も
たくさんあるのが現状です。

ユニセフではそんな国々の子供たちのために、
予防接種や栄養補助食品などで支援しています。

HIVやエイズ対策

yuni10

HIV感染者は発展途上国に限らず増加の傾向にあるため、
若者の感染予防教育にも力を尽くしています。

また、母子感染によりHIVに罹った子供の治療を行ったり
エイズ感染によって親を失ってしまった子供を保護しているのです。

ユニセフの現状

yuni11

このように多岐に渡る活動をしているユニセフですが、
国連自体からは資金提供を全く受けておらず、
民間からの募金と各国政府から寄せられる拠出金によって
運営されているそうです。

今は驚くほど豊かになった日本。

でも敗戦後の昭和20~30年代はユニセフからの食糧支援
子どもたちが飢えを満たしたことを知る人も少なくないはず。

できることから、その恩を返していきたいですね。

ユニセフ募金方法と寄付金控除

2011年の東日本大震災の後、日本は世界中の多数の国から
善意の支援をいただいてきました。

ユニセフもおよそ半世紀ぶりに日本への支援を決定し、
復興支援活動を行っています。

そんなユニセフについて、少し調べてみました。

ユニセフの活動資金

yuni05

ユニセフは国連機関の1つではありますが、
国連からの資金提供は一切ありません

活動資金は民間募金と各国政府からの拠出金によって賄われ
総収入の約3割は、個人の方々からの支援を含めた民間募金だそうです。

3000円でできること

たとえば寄付金3000円で、どんなことができるでしょうか?

1,500人の子どもに1年間、ビタミンAを供給

61人分の子どもに鉛筆1本とノート1冊を提供

HIV/エイズ簡易診断キット 30キット分

フリース製毛布10枚分

どうでしょうか。

月にコーヒー1杯程度のお金を節約するだけで
ずい分いろんな支援ができますね。

ちなみに破傷風、百日咳、ジフテリア3種の
混合ワクチン1回分=約14円

10,000円の寄付金があれば、ワクチン714回分となり
多くの児童が救われるのです。

募金方法

yuni07

ユニセフの活動は善意の募金が支えている為、
その募金方法もいろいろ用意されています。

●クレジットカード
●コンビニ支払
●インターネットバンキング
●電子マネー
●ゆうちょ銀行

その他、毎月自動引き落としという方法もあります。

賢く寄付金控除

yuni01

毎年の確定申告や源泉徴収の手続きを行うさい、
ユニセフやNPO団体などに寄付金や募金を行った人は、
寄付金控除といって所得控除を受けることができます。

2011年からは新たな税額控除制度により、寄付を行った人は
従来の「所得控除」と新しい「税額控除」
いずれか有利な方を選択できるようになりました。

2000円以上の寄付金から控除対象となります。

善意の行動と節税を、同時に賢く行いたいですね。

新成年と飲酒喫煙

今の若者は小学生の頃から煙草の害について学ぶためか
嫌煙傾向にあり、ひところに比べて飲酒や喫煙者自体は
減っているような気がします。

しかし、卒業、入学、就職

insyuki05

大学生や就職組にもなると、歓送迎会やらコンパやらで
飲酒や喫煙の機会が数多くありそうですよね。

特に3~4月は若者たちにとってテンションの
上がる時期であり、
飲酒喫煙トラブルが起きやすい頃でもあります。

そこで無用なトラブルに巻き込まれないよう、
注意点を調べてみました。

未成年者の飲酒、喫煙は法律で禁止されている

insyuki06

今さらあたりまえのことかもしれませんが、
未成年者は飲酒、喫煙ともに法律で禁止されています。

未成年者喫煙禁止法及び未成年者飲酒禁止法の一部は
2000年に改定され罰金の最高額が50万円
引き上げられました。

本人だけでなく、未成年と知ったうえで販売したり
飲ませた人も罰せられます。

「煙草もお酒も二十歳になってから」が原則。

成人するまで少しの我慢、です。

一気飲みの危険

insyuki09

その危険性が指摘されているにもかかわらず、
毎年一気飲みによって急性アルコール中毒で運ばれたり、
最悪、命を落とす事故が全国で起きています。

アルコールが初めての人や苦手な人への強要は一種の脅迫です。

短時間で大量に飲酒し、
血中アルコール濃度が0.4%を超える
その多くが1~2時間で死亡してしまうそうです。

アルコールが入って判断力が鈍り、
その場のノリで飲みすぎてしまう人もいますので、

飲みなれていない新人には特に気を付け、
異変を感じたらすぐに医療機関で手当てしましょう。

路上喫煙禁止条例

insyuki03

千代田区をはじめ全国の一部市区では条例により
路上での喫煙行為を禁止している地区があり、
違反すると1000~2000円程度の罰金を徴収されることがあります。

条例が制定されている区でも適用地域と除外地域があるため
知らずに喫煙して咎められ、トラブルになることもあるようです。

外でちょっと一服、という場合も
喫煙禁止区域でないか確認が必要ですね。

生活

水筒、お洒落なものや直飲みタイプなど

小中学生の頃は水筒は遠足や運動会の日
だけの特別なものだったのですが、
最近では皆学校へ持って登校するのですね。

sui02

九州でもここ近畿でも首に下げて登下校する
小学生を見かけます。

脱水症状など深刻な問題となっているからでしょうか。

お洒落な水筒

sui01

子供の幼稚園準備に水筒を購入したのですが、
お洒落な水筒がたくさんあるのですね。

色もカラフルで形もスタイリッシュです。

昔の太いぬぼっとしたシルエットではなく、
縦長で細いものが多いです。

柄も可愛らしいものや飲み口から
そのまま飲めるものが主流で、
一昔前のコップ付きのものは見られません。

幼児用にはストロー付きの物が多いようです。

中にはペットボトルのような形のものもあり、
持ち運びしやすそうです。

外国のデザインのものも多く、
マイボトルが流行るのも納得します。

水筒カバー

sui03

昔の水筒はその物自体に、首にかける紐がついていましたが、
最近のお洒落な水筒はそのような物がついていないので、
首から下げたい人のために、水筒カバーも売っています。

私は子供たちに、小学生まで使えるように、
キャラクターものでなくシンプルな単色の細くて
軽い物を用意したので、カバーだけは彼らの要求通り、
恐竜のものにしました
(大体恐竜の水筒を要求されてもあまり無かったので)。

カバーは保冷機能保温機能もついている優れものです。

ペットボトルも入るそうなので、
洗い忘れた日(なんてあってはいけませんけど)や
休日にジュースなど持たせても使えそうです。

うちにある水筒

sui04

私の家には現在、6つの水筒があります。

1つは私が7~8年前会社員時代に持って行っていた
直飲みタイプ初期のもので、
今は主人が会社に持って行っています。

もう1つは私が子供を産んでから外出時の
お茶入れにしている直飲みタイプのもの。

あと2つは実家から持ってきたもので、
もう20数年近く使っているものです。

1つはピンクの幼児用コップ付き
本当に昭和の水筒そのものです。

でもきちんと洗って大事に使えば
使えるものなのですね。

子供3人と出かけるときは1つでは
絶対に足りないので重宝しています。

この4つに幼稚園用の2つで6つの水筒です。

とてもとても悩んだものだったので、
子供たちも大事に使ってくれたら嬉しいなと思います。

男の子ですから、ちょっと不安ですが。

生活

初盆での祭壇の準備は、花の備え方は、提灯は

私が母の初盆を迎えたのは今から3年前です。

祖父母よりも早く鬼籍に入ったので、
何もかも手探りで妹と二人、
双子の子を抱えて準備をしたのを覚えています。

提灯や思う様の手配は父がしたのですが、
精進弁当の手配や掃除、諸々をしたはずなのですが、
今では記憶があまり残っていません。

当日慌ただしくして、終わった時はほっとしました。

初盆とは

hatu01

初盆とは亡くなった方が初めて
霊魂として帰ってくる日です。

初めてのお盆なので御供養にも念が入っています。

お坊さんにお願いしてお経を読んでいただき、
親族が集まって供養をします。

お盆は西日本では8月の半ば、
一般に13日~15日です。

13日の夕方早い時間に迎え火をたいてお迎えします。

15日には日が沈んでから送り火をたいてお見送りします。

私が幼い頃は、祖父母に家の近くの川で、
精霊流しと言って、お供物や花やろうそくを立てた船を
川に流す慣習がありました。

夜の闇の中、ゆらゆらと揺れるロウソクの光が好きで、
毎年見に行っていました。

初盆の準備は

hatu02

父に言われて、私と妹は初盆の細かな準備をしました。

父は母を亡くした悲しみから、
お寺の勉強会に行くほど熱心な信徒になったので、
細々としたことを逐一チェックしていました。

初盆での花の備え方は

浄土真宗では花は日頃は1つだけれど、
法要の際は2つ準備することだとか
お供えの仕方などなどです。

当日は実家の馴染みの仕出し屋さんに
お願いしたのですが、
約束の時間を少し過ぎてしまい父が激怒したり、

お坊さんへの駐車場の案内が悪いだと言って
父が腹を立てていました
(どちらも怒りは私と妹に向けられました)。

じゃあ自分ですれば、とも思ったのですが、
お経を読まれている際に涙ぐむ父を見ると
何も言えなくなってしまいました。

座布団の用意だの、お茶等飲み物やおつまみだの
(田舎なので飲み会が始まります)準備に
てんやわんやでゆっくり母を偲ぶことも
出来ませんでした。

初盆で提灯は

hatu03

初盆では親戚からたくさんの提灯が送られてきました。

勿論我が家でも家紋入りの白い提灯を準備しました。

初盆は白い提灯を灯します。

親戚からはそれぞれの家紋だったり、
毎年使えるように絵柄入りの淡い提灯だったりしました。

お盆のあいだは、
消すことなくずっと提灯の明かりを灯しています。

とても幽玄の趣でした。非現実的な空間というのか、
ずーっと眺めていられました。

そして思い出すのは母のことです。

提灯にはそのような役目もあるのかもしれません。

私は今年の夏も初盆が何件もあります。

若かった母と違い皆ご高齢だったのですが、
それでももう少し生きていて欲しかったと思いながら
また初盆を迎えるのでしょう。

お盆