トランス脂肪酸とは不飽和脂肪酸!摂取率アメリカと日本との違いは?

アメリカで食品の添加が禁止になったトランス脂肪酸。

日本でもおなじみの食品に多く含まれている事
御存じでしょうか?

トランス脂肪酸とは不飽和脂肪酸!

trans02

トランス脂肪酸とは天然の植物油には
ほとんど含まれていない成分で構造中に
トランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸です。

天然の植物油にはほとんど含まれていない=合成物質

つまり人工的に作られたものがほとんどと言う事です。

一定量以上を摂取すると悪玉コレステロールを増加させ
心臓疾患のリスクを高めるとして、2003年以降
様々な国で使用を規制する動きが出ています。

もちろん自然界に全く存在しないわけではありません。

ウシやヤギの肉や乳には含まれています。

しかし、その量はごく微量でそれらが含む脂質の
2%から5%ほどです。

trans03

人工のトランス脂肪酸を含むマーガリンやショートニングには
数%から十数%が含まれています。

例えばほとんどの家の冷蔵庫に常備されているであろう
マーガリン。

その80%ほどが脂肪です。

トランス脂肪酸は約15%。

100gのマーガリンを使用すると15gは
トランス脂肪酸と言う事になります。

トランス脂肪酸の摂取率アメリカと日本との違いは?

trans01

WHOでは一日に摂取するカロリーに対し
1%未満に抑えるように勧告しています。

日本は0.3%ほどとこの条件はクリアしています。

アメリカは2.6%ほど(日本の8倍以上!)となっていますので、
添加禁止処置とされたのでしょう。

クリアしていても不飽和脂肪酸の低減を
発表している企業は沢山あります。

セブン&ホールディングス・フランソア・pasco・
モスバーガー・ロッテリア・ミスタードーナツ・
ケンタッキーフライドチキン・ブルボン

などなど。

日本が世界に誇る「和食」

和食にはマーガリンやショートニングは含まれておりません。

トランス脂肪酸だけでなく健康的な食事として
注目される食事ですので積極的に食べるようにしましょう。

日本人とお米との関係は?お米の等級とは?

日本人の主食である「米」。

丁寧に「お」を付けて「お米」と呼ばれます。

偶然数日お米を食べない日が続くと何となく
恋しくなりませんか?

毎日パンだと飽きるけど毎日お米は大丈夫
と言う人も多いでしょう。

日本人とお米との関係は?

rice03

日本人が初めて口にする食べ物もお米の場合が多いです。

重湯に始まり10倍粥・8倍粥とどんどん白米に
近づきますね。

日本では約300種類以上の品種が栽培されています。

コシヒカリやあきたこまちが有名ですが、
日々品種改良がおこなわれていますので
10年後にはどんなお米が有名になっているか分かりません。

日本のお米は「ジャポニカ米」と言うデンプン質を
多く含む粘り気のある種類です。

炊くか蒸す事で食す事が出来る品種で
寒冷地方での栽培に適しています。

秋田や新潟が米どころと呼ばれるのも気候が
関係しているのです。

他にも「インディカ種」「ジャバニカ種」がありますが、
3つの中で一番「白米」に向いているのが
「ジャポニカ種」です。

チャーハンにはインディカ種がパエリアには
ジャバニカ種が適していますので
それぞれの地域でよく消費されています。

お米の等級とは?

rice01

日本で生産されるお米には「等級」が定められます。

無作為に選んだ玄米の中に含まれる含有水分量や
形の整った米の量により分類され
等級の高いお米はブランド米として流通します。

有名なお米達はほとんどが1級のブランド米。

それ以上の等級になると生産量の少なさなどから
市場に出回らない事が多いですので
口に出来る事はほとんどないでしょう。

お米は秋に収穫され保存されつつ売られています。

秋口に出る「新米」と夏に店頭に並んでいるお米は
低温保存されていてもその水分量が違います。

rice02

そのため美味しいお米を年中食べようと思うなら
調理の際の水分量などに注意するといいでしょう。

新米は少し水を少な目に、春先くらいのお米から
炊く時にを炊飯器に入れると新米に劣らない
美味しいご飯を食べる事が出来ますので試してみて
下さいね。

紫陽花の花びらの色の変化は土の酸性度による?日本全国の名所は?

梅雨時期道端に彩りを添えてくれるアジサイ。

季語でも使用される梅雨を代表する花です。

あじさいの原産国は日本?

ajisai01

アジサイ=紫陽花。

6月から7月にかけて長く開花し白・青・紫・赤など
様々な色の花を咲かせます。

日本のみならずヨーロッパやアメリカなどでも観賞用に
栽培されており様々な品種改良がおこなわれていますが、
原産国はなんと日本です。

紫陽花の花びらの色の変化は土の酸性度による?

ajisai02

紫陽花の花の部分は装飾花で花びらは実は「萼(がく)」です。

萼はアントシアニンで染色されており、そこにアルミニウムや
イオンが加わる事で青の花になります。

また、土の酸性度によって萼の色が変わり土が酸性なら青に、
アルカリ性なら赤になります。

この色の変化から「七変化」「八仙花」とも呼ばれています。

観賞用に紫陽花を育てるなら土の酸性度を部分的に変える事で
さまざまな色合いを楽しめる事が出来るでしょう。

日本全国の紫陽花の名所は?

ajisai03

様々な花の中でも桜などと同じように特に親しまれる花で、
日本全国に紫陽花の名所と呼ばれる場所があります。

・三重県の伊勢温泉にあるあじさい園
・岐阜県板取街道は別名アジサイロード
・兵庫県の神戸市立森林植物園
・東京都のとしまえん
・京都府の舞鶴自然文化園

などなど。

また、市町村の花・木としても制定されています。

その市町村数約40.統廃合により数は減っていますが
統廃合前はその倍数の市町村で制定されていました。

記念切手も過去10回登場しています。

他にも、和歌・絵画・文学・歌謡曲など紫陽花を
テーマにした作品が多数あります。

いかに紫陽花が日本人の生活に馴染み親しまれている
のかがよく分かりますね。

ajisai04

観賞用として公園で栽培されている紫陽花、
山肌に自生し季節を彩る紫陽花。

どちらも期間限定の日本の風景です。

雨に濡れる紫陽花もまた一興ですので、梅雨を嫌わず
この時期ならではの風景を楽しんで下さい。

コーヒー豆の産地と消費量は?ブラックコーヒーには抗ガン作用がある?

日本古来の飲み物ではないはずなのに、
日本中で愛されている「コーヒー」。

自動販売機で手軽に買える缶コーヒーから
拘りの豆を挽いたコーヒーまでその味と種類は様々です。

コーヒーの原料コーヒー豆の産地は?

coffee04

コーヒーの原料は「コーヒー豆」。

主な原産地は赤道をはさんだ「コーヒーベルト」
と呼ばれる地帯です。

平均気温20°以上の熱帯・亜熱帯地方で、
ここを中心に世界60か国以上で栽培されています。

日本では約40か国から輸入していて、
消費量のほとんどを輸入に頼っています。

それぞれの国で様々な銘柄の豆があり、
また同じ銘柄でも炒り方・挽き方・淹れ方により
味が大きく異なります。

一番多く輸入しているのはブラジル。

コーヒーの生育環境を全てクリアするブラジルのコーヒーは
日本のみならず世界中で愛されています。

コーヒーの消費量は?

coffee02

では世界で一番多く消費しているのはどこでしょう。

それは「アメリカ」

アメリカンと言う薄味のコーヒーが日本でも定着している
くらいですので納得ですよね。

しかし、国民一人あたりの消費量で言うと
1位は「ルクセンブルク」です。

その量も断トツで2位のフィンランドに
ダブルスコアの量を消費します。

その量一年間で一人当たり2780杯ほど。

一日7杯以上を消費している計算になり
日本の数十倍にもなります。

ブラックコーヒーには抗ガン作用がある

coffee03

コーヒーの生豆には糖類アミノ酸、クロロゲン酸
カフェインなどが含まれます。

これらの成分は炒る過程で化学反応を起こします。

結果、成分が増えその増え方などで味や風味が
変わってきます。

「ブラックコーヒーには抗ガン作用がある」

なんて言葉を聞いた事がないでしょうか。

長く研究されているコーヒーの効果に大腸がんや
直腸がんの発症リスクが低下すると言うものがあります。

coffee01

テレビで紹介されたため有名になりました。

他にも利尿作用消化促進などの効果も
認められています。

逆に発症リスクが上昇する病気は今の所
報告されていませんので、一日1杯でもコーヒーを
飲むようにするのも健康への第一歩かもしれませんね。

食品

スイカには夏に嬉しい成分がたっぷり入っている?

夏になると食べたくなる果物?野菜?のスイカ。

スイカの事をもっと知ると今年のスイカ消費量が
増えるかもしれませんよ。

スイカは野菜?果物?

suika01

スイカは園芸分野では野菜となっていますが、
青果市場や栄養学上の分類では果物とされています。

原産はアフリカ。

西から伝わった瓜なので「西瓜」と書かれます。

ちなみに南から来たかぼちゃは「南瓜」ですね。

スイカの90%は水分。

カリウムやマグネシウムなどのミネラルやビタミンAや
葉酸、ビタミンCなどのビタミン類、
糖類、微量ながらも食物繊維も含まれています。

一番多く流通しているのは丸く果実の赤いスイカですよね。

他にも楕円形のスイカや種のないスイカ、
果実が黄色のスイカなど日本で栽培されている品種だけでも
数えられないくらい沢山あります。

スイカには夏に嬉しい成分がたっぷり入っている?

suika03

そんなスイカですが、見て分かるように夏に嬉しい成分が
たっぷり入っています。

夏バテした体に嬉しい「水分」。

塩分が溜まり浮腫みやすい人には「カリウム」
浮腫み解消。

また疲労回復効果もあると言われています。

赤色のスイカにはβカロテンも含まれていますので
抗発がん作用などもあります。

また体内でビタミンAに変わりますので髪や皮膚の健康維持、
喉や肺などの呼吸器系を守ってくれます。

リコピンにはアンチエイジング効果が、
シトルリンには血流を改善する効果があります。

suika02

ただの水分の塊のようなスイカですが、
実はこんなに夏に相応しい果物だったのです。

赤色スイカの場合、一日200gほど食べる事が
望ましいとされています。

一日200gと言えば結構な量に感じますが
数回に分けて食べるとあっという間ですよ。

お風呂上がりの水分補給の代わりに、食後のデザートに。

一口大にカットしたスイカを冷蔵庫に常備
しておいて気軽に食べて夏を越えましょう♪

食品