年賀状に簡単な装飾を!一手間加えて印象に残したい!

毎年恒例の年賀状

パソコンとプリンターを使って普通に作成
しても、ほかの年賀状と変わらないですよね。

そんな年賀状を一工夫するアイデアとして
装飾を加えている方の話を伺いました。

年賀状にこんな簡単な装飾でおしゃれになります。

nenga61

年の初めに行う最初の一大イベント年賀状

それにちょっとした手間をくわえるだけで
ちょっとおしゃれになります。

たとえば、こどもの居る家庭に送るなら
折り紙やマーカーペンで装飾をくわえて
シールなどつけてみてもいいでしょう。

ほかには、切り絵や漫画やイラスト集などを
参考にしてみるのもおしゃれになるでしょう。

年賀状のイラスト集は書店などで売っています。

ラメ入りのシールを張って、つやめきをくわえる。

手書きのほうが人柄や気持ちが伝わりやすいので、
作成する際は手書きにした方がよいでしょう。

またシールにこだわりすぎて文字が
書けなくなってしまうことがないように、
文字とシールの間隔を均等に保ちながら
描くようにした方がいいでしょう。

写真を入れる場合も同様です。

一手間加えて個性も発揮できて印象にも残りやすい年賀状に!

nenga62

私は年賀状は毎年10~20枚程度出しています。

画像印刷をして全ての年賀状を手早く完成
させたり、市販のデザイン年賀状を使う
という方法もありますが、私は自分だけの
オリジナル年賀状を作っています。

作り方としては、マスキングテープ
シールを用意します。

そして、年賀状に自分の好きなように
テープやシールを配置してデザインを
作ります。

物足りない時は色つきのボールペン
マーカーで柄を書き足したりもしています。

この方法は、市販のデザイン年賀状にも
応用できて、「空白部分が寂しいかな?」
と思った時など、その部分にシールや
テープを貼ります。

これだけで結構華やかになりますし、
シールやテープの厚みもあるので
手に取った感触からも印象に残りやすく
なります。

年賀状に楽しさを!一発ギャグで新年初笑い!目を引く年賀状!

年賀状は年に一度の挨拶状ですが、
受け取った方にも楽しませたいですよね。

年賀状を受け取った相手を楽しませる
様な工夫を伺いました。

年賀状に一発ギャグで新年初笑い

nenga59

私が年賀状を送る際、もらった相手にとって
新年初笑いになるような一発ギャグを必ず
書いて送ります。

私は普段から人を笑わすのが好きなため、
いつもくだらないギャグやジョーク
バカなことを言っています。
(私はお笑い芸人みたいに日々面白ジョークを
日記帳にまとめています)

相手にもっとも受けたギャグやジョークを
書いて送ると、とても喜んでくれて、
驚いてくれました。

しかも本人以外の家族もそれを読んで
爆笑してくれ、私のことを知ってくれた
ようです。

やっぱり送った相手から反応があり、
喜んでくれると嬉しい。

普通の真面目な年賀状なんてつまらないし、
記憶に残らない。

せっかく送るんだからたくさんの年賀状中で
最もインパクトがあって面白く楽しいもの
しようと心がけています。

目を引く年賀状

nenga60

毎年、年賀状を楽しみにしています。

家族、子どもの写真付きが多くありますが、
私がいつも楽しみにしている方の年賀状は、
ちょっと違います。

写真はあるときとない時がありますが、
その家族の、去年一年間の、一人一人の
ニュースが描かれているのです。

クラブで活躍し、賞をもらったこと、
反対に、頑張ったが、入賞を果たせず、
悔しい思いをしたこと、今年の目標。

中年太りになってきたからと、ダイエット宣言し、
来年の年賀状で、報告しますとあったり・・。

家族の素直なコメントで、状況が思い浮かび、
本当に毎年、楽しみで、再会した時の話も
はずみます。

けれど、同じ近況報告年賀状でも、常に、
家族の自慢が連ねてあるものは、
一度読んで十分。

あまり、楽しくないです。

年に一度の年賀状は1種類のみ!相手を選ばないものを!

年末の忙しい時期に出す年賀状。

一年に一回きりなのにいざ作成するとなると
忙しさも手伝って相手に合わせて数種類作る
なんて出来ない場合もあるでしょう。

年賀状は1種類のみ作成する方がどの様に
工夫されているのかを伺いました。

季節のご挨拶

nenga57

なかなか遠方で会えない親戚や友人、
恩師が小さい頃から同じ所に住んだ
期間が最長五年半の私は、年賀状
もしくはクリスマスカードを出す事を
習慣としてきました。

余りマメではない方なので、年賀状の
種類は1種類のみですが、目上の方にも
送る事を想定して、日本語で「謹賀新年」
と言った文言を入れ、干支を取り入れる
ようにしています。

今までの自分の経験から言うと干支
入っているものの方が印象に残りやすい
のです。

そして、私の周りでは、結婚を機に年賀状
を送るようになる人も多いので、写真入り
もらうことが多いです。

その為、自分自身も子供が生まれてからは
近況報告を兼ねて写真入りを送らせて
頂いています。

ただ、その際に、気を使うポイントは、
子供だけの写真とならないようにする
ことです。

そして、必ず印刷された文字だけではなく、
一文を手書きで添える事を忘れないように
しています。

これから、子供が大きくなってからも、
季節のご挨拶の感覚を身につけて欲しいと
思います。

相手を選ばない内容のものを

nenga58

送る相手によって内容を変えられれば一番
だと思いますが、昔の人のように1枚ずつ
手書きをするわけにもいかず、我が家では
どなたに送っても大丈夫なように気をつけて
内容を統一して作成しています。

主人の上司に送る枚数も多いので、
「HAPPY NEW YEAR」などの横文字は
やめて、毎年「謹賀新年」としています。

目上の方に対して失礼のない丁寧なものに
しておけば、友人に対するものでも間違いは
ないからです。

そして干支はあまり崩れすぎていない
干支のイラストで、ディズニーなどの
キャラクター物は避けています。

子供がいるので、毎年成長をお知らせする
ために写真1枚を入れていますが、ある年に
友人から届いた年賀状に友人とその子供が
一緒に写ったものが届き、

高校卒業以来離れてしまった友人の現在の様子が
分かりとてもうれしかったので、
「こういうのもいいものだなぁ」
と感じて、次の年は家族写真を1枚入れて
作成しました。

よく、子供のいない友人に対して子供の写真を
入れるのは印象がよくないという話も聞きますが、
お知らせしたい方に送っているのであまり
気にしすぎないようにしています。

そういった方はだんだんと縁遠くなり、
向こうからの年賀状が届かなくなります。

年賀状は分ける!手書きにこだわる!コメントに配慮を!

年賀状作成するにあたり、1種類のみ作る方と
相手によって数種類作る方がいます。

相手に合わせて数種類作成して、
手書きされている方や、コメントに配慮されている方
に話を伺いました。

年に一度の挨拶

nenga55

毎年数人の友人と親族に年賀状を送っています。

送る数が10枚前後と少ないので毎年すべて
手書きで作成しています。

しかしながら、デザインを送る相手それぞれに
合ったものを考えているので、毎年枚数が少ない
にもかかわらず時間がかかってしまいます。

一枚書き上げるのに1日かかってしまうことも
あります。

それでも手書きにこだわる理由の一つは、
送る年賀状の中にはその年一度も会わなかった友人
に宛てたものもあるからです。

滅多に会えない友人から届いた年賀状が印刷
されたものではちょっと味気ない気がしますし、
滅多に会えないからこそ手書きで挨拶をしたい
という思いもあります。

毎年、どんなデザインにしようか、イラストは
どうしようか悩みに悩んでしまいますが、
受け取った友人の表情を思い浮かべながら
書いているとその時間がとても楽しいもの
感じられます。

年賀状は相手に合わせパターンを分けて作る

nenga56

毎年年賀状は3種類用意します。

一つ目は勤務先の同僚や上司宛にシンプルなものを。

内容は干支の絵を入れて、前年にお世話になったこと、
そして「本年も宜しくお願いします」といった
簡単なあいさつ文のみのものが多いです。

二つ目は親戚用です。こちらには家族の写真と
子供の年齢や成長の報告などプライベートな
内容のコメントを入れることが多いです。

最後に友人用ですが、子供の写真を入れる
バージョンと、お子様のいらっしゃらない
家庭用に写真を入れないバージョンと作ります。

未婚、不妊など様々な事情があり子どもの写真を
見て不快になる方も居るかもしれないので、
常に配慮しています。

友人宛のコメントは、連絡先の変更やSNSの
アカウント名を記載することもありますが、
たいていはスマホなどで連絡を取っている場合が
多いので割と社交辞令で出すことが多いです。

年賀状には家族写真!子供だけではなく親子で!

よく年賀状子供達の写真を入れている事が
あります。

年賀状の送り主の写真はなくてお子さんの写真
だけだとその知人の近況を知らない場合、
現在の知人がどうなっているのか分からなくて、
ちょっと寂しい気がします。

年賀状の写真に家族写真を使用している方
ご意見を伺いました。

年賀状には家族写真を入れます。

nenga53

我が家の年賀状には必ず家族写真
入れています。

子供が11月生まれと12月生まれ
という事もあり、1年に1回、2人の
子供の誕生日のちょうど中間位の日取り
写真館に行って撮影をしてもらいます。

そして、その写真を年賀状にしています。

毎年、写真の構図もほとんど一緒ですが、
1年でどれだけ変化があったのかは
昨年の年賀状と見比べると一目瞭然です。

受け取った友人から

「子供が大きくなったねー」

の言われたり、

「去年と比べると若くなってるよ。
髪形のせいかな?」

と言われたりして変化を楽しんで
もらっています。

そして自分の写真を載せる事で、
数年間も会っていない友人にも
「元気に過ごしていますよ」
お知らせできているのではないか
と思っています。

近年、お子さんの写真だけが載っている
年賀状を頂く事が多いですが
「できれば親になった友人の姿も見たいな」
と思いながら頂いた年賀状を眺めています。

わが家のこだわり3ポイント

nenga54

わが家の年賀状は1種類です。

主人、私、娘の3人家族分を毎年作成して
いますが、主人は職場、友人、親戚、
私は友人と親戚、娘は園の先生に年賀状を
だしています。

主人の職場関係は、上司も含まれていますし、
親戚にも送るので、わが家では毎年
「謹賀新年」を使用しています。

これは主人のこだわりで、やはり目上の方
にも郵送するので、よく使用されている
「HAPPY NEW YEAR」では
失礼に当たるのではという考えからです。

あと年賀状には必ず干支をいれるように
しています。

毎年簡単に作れる年賀状ソフトを使用して
作成するので、このソフトを購入するのが
私の楽しみでもあるからです。

様々なイラストやデザインを見比べるだけ
でも楽しいからです。

ただ謹賀新年を使用すると、
渋い感じのデザインになりますが。

最後にわが家のこだわりは、
必ず家族3人の写真をいれるということ。

子供の写真だけの年賀状を頂くことが
多いのですが、以前同僚が

「自分の友達なのだから、子供の写真も
いいけど、今友達がどうなのか見たい」

と言っていたのが印象的で、3人の
家族写真を使用するようになりました。

写真は旅行先で撮ったり、三脚を使用して
年賀状用に撮影したりと毎年様々です。